日本語教師として、直接法・間接法どちらを選ぶ?

直接法と間接法、どちらを選択するか、どちらが学習者にとってよい学習法なのか。各人の意見は分かれるところですが、海外と国内での日本語教師経験をもとに思うことをお伝えしてみます。

直接法と間接法

直接法とはつまり、日本語教育であれば授業を日本語のみですることです。文法や読解の説明ももちろん日本語でします。日本国内ではほとんどは直接法ですし、日本語学習の歴史が長い国などでも直接法で授業を行うことが多いです。

間接法とはつまり、日本語教育であれば日本語以外の言語を使って間接的に日本語を教えることです。学習者すべてが理解できる共通言語がある場合のみ可能になります。海外で日本語を教える場合は、その国の言語を使ってする場合が多く間接法ということになります。

それぞれのメリット・デメリット

直接法のメリット

直接法は、文法や読解の説明から日本語でされるので、日本語そのものを聞く機会が増え、聴解力は自然とつきます。聴いて理解しないことには文法の力がつかないのですから授業を受ける側も必死です。ある程度の基礎能力がすでにある日本語学習者にとっては、大変厳しいながらもやればやっただけの成果がある方法となります。
また、日本語で聞く説明を初めのうちは自国語に訳してメモをとりますが、レベルが上がるにつれ時間的に追いつかなくなり、また実際の理解も増していることから、日本語ですべてのメモをとるようになります。聴解力とともに記述力も当然つきます。

直接法のデメリット

外国語である日本語は、かなり意識的に理解しようと努めずしては頭に入れることはできません。つまりなんとなく流してしまえば、教師側の説明もただのBGMになってしまいます。日本語学習に真剣に取り組む気持ちのない学習者や気持ちはあってもそこまでのレベルにない学習者には、有効な方法とはいえません。

間接法のメリット

間接法は、文法や読解の説明は自分のわかる言語でされるので、非常に理解しやすいものとなります。この方法がとれるということは教師側もその言語に精通しているということで、学習者からの質問にも非常に的確に瞬時に答えられます。このことは学習者にストレスを感じさせることなくレベルアップしていける要因になります。
また、日本語学習に身が入りにくい学習者にとっても、楽に耳に入ってくる授業となりますから、嫌々ながらでも聞くことができます。

間接法のデメリット

学習者側は教師が日本語以外の言語も理解できると思うと、安易にその言語で質問をし、例文も作り、結果翻訳的な授業となりがちです。そういった方法では、日本語で考え、日本語を使うようになるという最終的な目標にはいつまでも到達できません。

教師側の問題

他の言語で自由自在に説明できるほど精通するのは、それ相応の年季がいります。それに言葉というのはたとえ初級であっても、使う単語をひとつ間違えただけで大きな誤解のまま理解されてしまうこともあります。上級になると授業の説明も深く高度なものになりますから、そこまでを他の国の言語で説明できる力をもった教師はなかなかいないでしょう。

こういった理由もあり、日本国内では初級であっても直接法を用います。身振り手振りも使い、絵も描き、理解が深まるよう非常に工夫した授業をしています。が、ときにそれは幼児相手にする授業の様相をなし、学習者によっては素直に従えない場合も出てきます。

まとめ

理想は直接法も間接法も自在にできる教師につき、段階をふんで直接法から間接法へ移行していくことです。確かに英語圏で日本語教師をしていたときには英語で説明し、日本語でたくさんの例文を出し、練習そして添削することができました。教師側にとっても学習者側にとっても理解させやすい、しやすいよい方法でした。

教師が便利な翻訳機にならないよう、日本語を言わせる、聞かせる、日本語で考えさせる機会を教師側が意識してカリキュラムに入れることが徹底できれば、それは最高の方法だろうと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう