日本語教師にはどんなスキルが必要?

世界には多種多様な職種があり、そしてコロナ禍においてはリモートワークが一般化する等、働き方にも多様性が生まれた時代となりました。今している仕事が先細りになってきた、週3勤務が固定化された、等いくつもの不安を抱えている人も多いことでしょう。

そこで「私たちが母語とする日本語を仕事にする日本語教師に興味をもった」、「ずっと海外で働いてみたかったのでこの機会に勉強をしようと考えた」等、きっかけはそれぞれですが日本語教師に興味・関心を持つ方々が増えてきましたので、この記事では日本語教師になるためにはどのようなスキルが必要なのかについて、ご紹介したいと思います。

国際交流が好き、教えること・学ぶことが好き

「スキル」という訳ではないですが、まずは国際交流が好きかどうかが大きなポイントです。
日本語教師という仕事は多くの学生が外国人学習者です。外国人と触れ合うことに抵抗がある場合、あまり向いているとは言い難いかもしれません。

そして、教師である限り教えることや学ぶことが好きで苦にならないといったことも大切です。実は日本語は日々研究されている学問でもあります。そして学習者は日本語以外でも学びたいことはたくさんあります。日本語を教えるだけでなく、日本文化や歴史まで多数の知識を持つ先生を目指していきたいですね。
今は便利な世の中で、Youtubeやオンラインセミナーで自宅にいながらでも様々な学びを得ることができます。またSNSを通じて日本語教師を志す仲間とも出会えます。ぜひこういった媒体の活用も検討してみてください。

コミュニケーション力、協働するスキル

教師をする上でなくてはならないスキルがコミュニケーション力です。どの仕事でもコミュニケーション力は問われますが、特に教育業界においては採用時にもよく見られているポイントです。

頭でっかちな教え方では学習者の理解は深まらず、学校での授業というのは他の先生方と横並びで指導をする必要もあります。協調性、協働できるスキルがないと働く上で大変さを実感すると思います。

コミュニケーション力が高いあまりに授業の話があっちこっち飛んでしまうのも考えものですが、日々学生や先生方とコミュニケーションを取っていることで信頼関係の構築にも繋がります。

プランニング力

意外と思われる方も少なくないと思いますが、授業を組み立てる上でプランニングをする力も大切です。日本語教師の資格取得を目指す上で420時間の講座を受講される方も多いですが、その講座では教案がどのようなものなのか、なぜ作成しなければならないか、作成方法を学び、その教案をもとに模擬授業を実施します。

もちろん教案がなくとも地頭が良い方は授業を行うこともできるかもしれませんが、世界中の学生に授業を行うということは未知の世界です。「想定もしていなかった質問が出た」「思っていたよりも時間が余ってしまい世間話で終わってしまった」等、教案を入念に準備していても予想がつかないハプニングに見舞われることがあります。

そのようなときに事前に教案を作成していれば、「こういった質問が出るかもしれないから確認しておこう」「時間が余る可能性があるから、そのときに使えるプリントや問題を作成しておこう」といった事前準備を行うことができ授業当日も安心して臨めます。

ITスキル

長引くコロナ禍において、日本語教育機関の多くがオンライン授業を取り入れています。また日本に入国できない日々も長く続いているため、留学ができないかわりにオンラインレッスンを申し込む学生やビジネスパーソンも増えてきました。

そこで特に最近重要視されているのが、ITスキルです。ワードやエクセル、ビジネスメールができることはもちろん、Zoom等を用いたオンライン授業の経験等も採用状況の一つとなっていることもあります。

授業を行う上でPowerPointを使用する先生が多く、アニメーションを入れる等PowerPointの機能を上手く使えるとより効果的な授業ができ、授業準備も効率的です。

そしてZoom等を用いたレッスンでは、Zoomを立ち上げURLの共有はじめ、ブレイクアウトセッションの操作方法、ネット環境等によるトラブルが起きたときの対処法等ある程度使いこなせるといった力があれば、採用にもさらに一歩近づいてきます。

 

まとめ

他にも必要なスキルはもちろんいくつもありますが、日本語教師として働いてきた身からすると上記のスキルは身につけておいてまず間違いないです。コミュニケーション力等はすぐに身につくものでもないですが、日々心がけると自然と身についてくるかもしれません。

日本語教師の仕事は、今までの社会人経験やマナーを活かせる仕事でもあります。ぜひ自信をもって日本語教師の道を突き進んでください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう