大学やスクールなら日本語教育能力試験に受かるのでしょうか。

日本語に対する基礎知識があることを認定する試験は、特に海外へ行く場合は証明のひとつとして有効です。

また常勤で勤めるとき、養成講座420時間修了であっても、採用後、検定にも合格しておくようにと言われる場合があるとのことです。

資格のひとつでありながらやはり重きを置かれるこの検定試験、卒業すれば自動的にもらえる場合もあるのでしょうか。日本語教師養成講座のあるスクールに行けばほぼ全員、検定試験に受かれることができるのでしょうか。そんな疑問にお答えします。

大学に行っただけでは、認定は受けられない

たとえば教員免許状。たとえ教育学科でなくても、教育に関しての必要とされる科目を他の人より余分に履修し単位をとれば、卒業証書と共に自動的に教員免許はついてきます。多少、語弊があるかもしれませんが、少し科目を多めに頑張っただけでとれるというイメージです。もちろん専門科目をしっかり勉強し単位をとってこそなのですが。

それと同じように、この日本語教育能力検定の認定も卒業と同時にもらえるのかというとそれは違います。たとえば京都外国語大学の日本語学科の紹介サイトから抜粋してみましょう。

取得できる資格

中学校教諭免許状【国語】<国> (1種)
高等学校教諭免許状【国語】<国> (1種)
司書<国>
司書教諭<国>
学芸員<国>

これが卒業と同時に取得できるものです。ただし必要科目の単位をとった上でですが。

目標とする資格

日本語教育能力検定試験
日本漢字能力検定
小学校教諭免許状<国> (1種・2種)

これらはその大学の授業で単位をとるだけで自動的についてこない資格です。

つまり、日本語教育能力検定の認定は大学に行けばもらえるものではありません。日本語を専攻し、日々日本語を研究している学生であっても、それとは別に受験しなければいけないということです。

資格スクールで資格をとる

いわゆる資格スクールというものがあります。高校を卒業して次の進路を考える際の選択肢のひとつとして専門学校がありますが、それとは違い資格取得に特化していますので期間も短く、通う人たちも社会人であったり、退職者であったりとさまざまです。

こういった資格スクールとして日本語教師養成講座を持つスクールがたくさんあります。目的はずばり資格取得ですから、とにかく資格がほしいという場合にはこういったスクールが最適でしょう。期間も半年から1年と短期間で終わります。

スクールを選ぶときにチェックすること

ここでひとつ注意すべきなのは、継続のための柔軟な制度があるかどうかです。100%学生でいられたときならまだしも、社会人もしくは主婦となってから継続して通うことはときに難しいものです。自分以外の人のために断念せざるを得ないことも出てくるかもしれません。

また資格をとるためにスクールに通ったが、残念ながらは不合格になるということももちろんあり得ます。そのときに、もう一度やり直すためのサポートがあると嬉しいですね。

継続のためのサポート

・休学・復学制度
・振替受講

いずれもきちんとした届出のもと受理され初めて適用されます。休学してよい期間、復学ができる期間が決まっていますので注意しましょう。振替受講についてはすべての授業に関してではなく振替が認められない授業もあります。
万が一のことを考え、このあたりの質問は納得できるまでしておきましょう。

資格取得のためのサポート

・不合格だった場合、次回の受講が無料になる制度
・不合格だった場合、次回に限り割引価格で受講できる制度

無料か割引かの違いは、出席率によって判断されることが多いようです。あと課題の提出状況なども考慮されるかもしれません。つまりまじめに出席し勉強をしていた受講生については無料で再受講できる可能性があるということです。そうでなくでも割引で再受講できる可能性もあります。
ただしいずれもそのスクールによりますし、講座にもよります。

まとめ

日本語教育能力検定に受かるためにどういった学校に行けばいいかに焦点をあてて、お伝えしてみました。

大学が最強のように思いますが、日本語教育能力検定については卒業と同時に認定がもらえるわけではないですね。もちろん大事なことは資格だけではないですし、後々のキャリアアップを考える上では大学で作った人脈、幅広い視点は何よりも価値あるものなのですが。

資格スクールは、学校によってサポート制度がさまざまなので、学校頼りになりそうな方にはこのあたりの手厚さを重視するとよいでしょう。サポートは特に必要ない、それよりも講座の内容重視、場所的にここしかないという場合もありますね。

やるのは自分、かけるべきは時間、もちろんこれに尽きますが。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう