日本語教師養成学校って、本当に役に立つ?

タレント養成学校と重なるようなこの響き、なんだか気になる…と思ったのは私だけでしょうか。でもこの種の学校は日本語教師を目指す人にとっては救世主的な学校なのです。それはなぜかについてご説明します。

日本語教師には誰でもなれる?

そもそも日本語教師ってどういう人なのでしょう。外国人に日本語を教える人です。え、日本語を教えるだけなら日本人なら誰でもなれるでしょと思った方、ある意味正解ですが、ある意味不正解です。

日本語教師は国家試験があるわけでもなく、小・中学校、高等学校のように教員免許というものもありません。ですから誰でも日本語教師になれるともいえます。実際、ボランティアで市の公民館などで個人的に教えている人なども、立派な日本語教師であるわけです。

しかし、実際に仕事として生活できるだけのお金を稼ぐためには学校に採用されなくてはいけません。そのときにはほとんどの学校で資格の有無を問われます。有資格者であることが採用の条件であることがほとんどなのです。

でも今から大学に行き直して日本語を勉強するわけにはいかないですね。何年もかけることは、いったん社会人になった後には難しいものです。そういった方にとっての救世主的学校が日本語教師養成学校なのです。ここでの一定の授業時間を終えれば立派な有資格者となれます。理論も実践もカリキュラムに入っており、こういった学校には引く手あまたの求人票が送られて来ています。

日本語教師養成学校に行くメリット

「有資格者」となれること

何と言っても一番のメリットはこれでしょう。どこでも採用されるための武器が卒業と同時に手に入れられるというわけです。成人向けの学校はいろいろありますが、その後の就職に実際にはあまり役立たなかったとの声は少なくありません。確実に役立つ学校ですから人気があるのもうなずけます。

卒業後の就職が見つかる

学校を卒業したけれど就職先が見つからない、これが一番困ります。しかしこういった養成学校では就職や転職のためのアドバイスや相談を受けられるようになっています。初めて飛び込む世界である場合、こういった情報は何より貴重です。

また日本語学校などから求人票が直接送られてくる場合も多々あります。稀にその中から選ぶだけという恵まれた状況も得られます。この点を特に重視し、日本語教師養成学校に入ったとの声も多数聞かれます。日本語学校に併設されている養成学校であれば、その学校で即戦力になれるような勉強ができていますからさらに安心です。

実践的な練習ができる

資格を得て就職ができても、生徒を前にし授業を始めることを思うと正直足がすくむような思いです。スムーズに教案通りに進められるだろうか、答えられない質問が突然来たらどうしよう、この説明で十分理解してもらえるだろうか、など不安は尽きません。

しかし日本語教師養成学校であれば、授業の実践実習は必ずカリキュラムに入れられています。この点が不安であれば特に実習に力を入れている学校を選ぶこともできます。採用面接のときに必ず模擬授業は求められますから、こういった練習ができる日本語教師養成学校はありがたい存在です。

日本語教育能力検定の合格する可能性が高くなる

日本語教育について文法、言語学、教授法などの理論を確実に学ぶことができるので、合格率20%で何度も落ちる人はざらにいるという日本語教育能力試験に合格しやすくなります。講座の内容はなかなかハードですがかけた時間だけ知識となりますから当然の結果ですね。

日本語教師養成学校について

費用:おおむね50~60万円です。卒業後の働き方にもよりますが、すぐにもとがとれる値段といえるでしょう。

時間:会社に勤めながらでも子育てをしながらでも通えるコースが設定されています。たとえば夜だけのコース、または週末限定のコースなどです。とにかく短期間で卒業したい人は平日コースで連日行くのがよいでしょう。

卒業までの期間:最短コースは半年で、ほとんどの人は1年かけて卒業することが多いようです。社会人もしながらの場合は途中で状況が変わることもありますから、休学などの制度がある学校もありますので、人によって卒業までの期間はさまざまになります。成人対象の学校ですからそのあたりは安心。柔軟なコース設定になっています。

通信制コース:通学コースでも難しい人のために通信制がある学校があります。

まとめ

いったん社会人になった後で、将来に役立つ資格をとることは想像以上に難しいことです。まず時間の確保が最難関、かかる費用の捻出も問題です。ただ費用については、資格をとった後でそれを活かしての仕事に確実につけるならすぐに取り返せますから安心でしょう。売り手市場の日本語教師であればこの点は軽くクリアですね。

卒業=有資格となる日本語教師養成学校の場合は、最低限とにかく終えることさえできれば資格がもらえます。学校は卒業したが実践では活かされず役立ったとはいえないという結果には決してなりません。こういった確実なものが得られるという点で、忙しい社会人や主婦、シニアが通う人気の学校となっています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう