日本語教育を研究したくなったら「大学院」

「大学院でもう一度学びたい!」

社会人になってからもう一度学び直したいと考える人は意外にも多いようで、ネット上に大学院入試に関する相談が挙がることがあります。
はるか遠い昔に学生だった自分が、今また大学院にというのは無謀かもしれない…と思いつつも、調べて考えてみました。

どうして大学院に行きたいのか?

現場で日本語を教えるのではなく、教える人たちに役立つものを提供する側になれたらと思ったことが一番のきっかけです。
そのためにはより深い専門知識が必要であり、共に進める仲間が必要だと考えたからです。

一般的な日本語知識と少しのスキルで日本語教師になれる

日本語教師になるための資格は3つあります。

  • 大学、大学院で日本語学科で日本語教育専攻する
  • 日本語教師養成講座420時間カリキュラムを修了する
  • 日本語教育能力試験に合格する

そこで学んだことはあくまで日本語教師をしていくための勉強であり、平たく言えば、“一般的な知識とスキルを学んだだけ” と私自身は感じています。

実際の勉強はその先の現場にあるというのは、現役日本語教師ならだれもが実感していることでしょう。

実際の学生を前にし、試行錯誤をしながら日本語を教えていくことは、何よりも貴重な経験です。

ある意味、日本人同士であれこれ話し合いながら研究していく以上に、新鮮なデータやサンプルに日々出会い、学びを重ねているともいえます。

しかし、そういった日々は自己満足かもしれないと思うこともあります。

一応の完成形を自分なりに得たと思えた矢先に学校の方針が変わり、“能力試験重視” から “コミュニケーション重視”のカリキュラムに替わってしまった…

 

使う教科書も変わり、改めて勉強しなおさなくてはならない…

 

もちろんやりがいのあることではあるのですが、振り回されている感が起こることもあります。

自分がさらに深めたい分野が見つかっても

授業をする中で気が付くことがいくつかあります。
どうしてだろう、もっといい方法はないのだろうかと思うことです。

たとえば、

  • 非漢字圏の学生が漢字を効率よく、興味を持って学習していくにはどうしたらいいのだろう?
  • 非漢字圏の学生でも漢字圏の学生と対等に入試に臨んでいくには、どのくらいの期間、時間数の事前学習が必要なのだろう?

こういったことに端を発し、さまざまなことへと興味が広がっていきます。

  • 日本語学習者一人ひとりの目標に沿ったカリキュラム作成の中で、漢字学習をどう位置づけるのか?
  • そもそも学習者はどういった教授法を望んでいるのか。目標別によってどういう違いがあるのか? など

しかし、日々カリキュラムに沿って日本語を教えているだけではこういった疑問は解決できません。
教授法についても、そのときの流行りや学生の出身国によって変わっていく学校の方針に従っていくしかないのです。

幅広い国々の人たちが日本語を学びたいと思えるように何とかしたいと考えても、よい方法を提供する立場には、簡単になれないのです。

日本語教育を専門とする大学院は意外に多い

東京だけでもたくさんの大学院がありました。

東京外国語大学大学院、一橋大学大学院、東京学芸大学大学院、東京女子大学大学院、早稲田大学大学院、その他ざっと数えて20校ほど挙がっています。

その他の地方では、北海道大学大学院、国際教養大学大学院、横浜国立大学大学院、大阪大学大学院、神戸大学大学院、など30校以上挙がっています。

合計で50校以上の大学院で日本語教育について学ぶことができます。

参照サイト:U-biq

何を学ぶかを自分の中で絞っていこう

大学院に入って何を研究していくか、その分野の研究をすでに進めている教授がいるかなど、事前に調べる必要があります。
もちろん難易度も併せて確認していきます。

大まかに決め、自分に合った大学院を選ぶ

日本語そのものを深く研究したいのか。
それとも、異文化理解を絡めたコミュニケーション手段としての日本語に興味があるのか。
はたまた、第一言語、第二言語として日本語を獲得していく営みに興味があるのか。

ある程度、自分の中で研究したい内容を決めておくことは大切です。

各大学院のサイトを見ていくと、日本語そのものを深く学び研究していくことを中心とした大学院もあれば、日本語によるコミュニケーションについての研究が盛んな大学院もあります。

もちろんつく教授によってさまざまに広がっていくのでしょうが、その大学院全体の特徴、研究の傾向はサイトから判断できます。

入学後の研究のしやすさも考える

また、プライベートではさまざまな立場、役割を持った状況の中で捻出する学びの時間なのですから、興味と共に研究材料を得やすいものという点でも考えることが大切です。
フォールドワークとして観察やアンケートを行う性質の研究であれば、環境的に無理のないもの。

たとえば、今現在日本語教師をしているのであればその環境を大いに生かせる研究ができれば時間の無駄がありません。

大学院卒の資格を得て広がる道

日本語学校の講師をするのであれば、大学卒で十分でしょう。
しかし、大学で教えたい、日本語の専門家として海外に派遣されたいとなったときには、大学卒資格だけでは不十分です。

大学で日本語を教えたい

大学院を卒業してすぐに大学で日本語を教えることも困難といわれています。
大学院を卒業することは最低条件であり、そこから経験を積んでこそつかめる職です。

日本語専門家の海外派遣

例として、国際交流基金が行なっている派遣事業のひとつをご紹介しましょう。

 

日本語上級専門家

条件に「日本語教育関連分野において修士号以上の学位を有する者」といった記載があります。
ただし大学院卒業だけでは十分ではなく、国内外を問わず通算10年以上の日本語講師経験も必要です。

日本語専門家

同じく修士号以上の学位を有するものという条件があります。
こちらは講師としての経験が2年以上です。

まとめ

日本語教師は経験を重ね、さまざまな思いを抱えながら仕事をしていきます。
その結果、次のステップアップに必要なものが大学院入学だと思いついた人のことを頭に置きながら、書き進めてみました。
大いに共感してくださった方、すぐさま行動に移したくなった方の背中を押すものとなれたでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう